川口駅前東口第三工区 第一種市街地再開発事業(そごう川口店)*事業パンフレットより抜粋
事業の目的
鋳物、植木等で知られた産業都市川口市は、首都東京のベッドタウンとして人口の増加が著しく、街の整備が急がれていました。 また活性化が進む赤羽、浦和、大宮各市との地域間競争も激化し、駅前商業地を中心にした商業ゾーンの再開発が急務となりました。 こうした身近に迫る諸問題を一挙に解決し、更に新しい”川口の顔”を創造しようと、川口市は「川口駅周辺市街地整備構想」を発表。 西口の公害資源研究所跡地を活用した公共・文化ゾーンの開発から着手しました。東口の私達も”川口の顔”づくりに積極的に参加を決意。 昭和52年に再開発準備組合を設立し、再開発ビルの軸となる百貨店「そごう」、デベロッパー「大成建設」の参加を得て計画実現をめざして 活動してきました。時流の変化と市の構想に呼応して14年、今日ここにビルの完成をみたのです。川口駅前東口に時代に引き継ぐ大きな 資産が生まれたのです。
事業の歩み 昭和47年     川口市が「川口駅前東口地区基本構想」を作成
昭和49年 3月 川口市が「川口駅前東口第三工区市街地再開発基本計画報告書」を作成
昭和54年 5月 川口市が日本住宅公団を通じ全国市街地再開発協会に依頼して、
           「川口駅東口地区市街地再開発に関わる基本計画」を作成
昭和58年 7月 川口駅周辺市が一整備構想策定
昭和59年 1月 川口市都市計画審議会にて、当地区都市計画案承認
        2月 埼玉県都市計画審議会にて、当地区都市計画案承認
        3月 再開発事業等の都市計画決定告示
昭和60年12月 再開発組合設立認可
平成 2年 1月 事業計画変更認可
        2月 権利変換計画認可
           再開発本体ビル工事着工
        7月 大規模小売店舗法3上申請
       10月 同結審
平成 3年 3月 同法5条申請
        6月 同結審
       10月 再開発本体ビル竣工、開業 
事業の概要 ●事  業  名:川口駅前東口第三工区第一種市街地再開発事業
●所  在  地:川口市栄町3丁目
●施  行  者:川口駅前東口第三工区市街地再開発組合
●建 物 名 称:川口駅前東口第三工区市街地再開発ビル
●建 物 用 途:百貨店(そごう)、専門店、銀行
●計 画 内 容:敷地面積・・・9,360m2
           延床面積・・・73,175m2
           構造・規模・・・構造=鉄骨鉄筋コンクリート造、及び鉄筋コンクリート造
                    規模=地下2階、地上11階、塔屋1階、最高高さ 51.65m、
                         デッキレベル(3階)8.2m
           駐車台数・・・70台